不動産売却のメリットを解説します

不動産売却のメリットをご紹介します。まず、不動産を保有している限り、固定資産税の支払いという負担が発生します。その点、売却してしまえばその後は固定資産税の負担はなくなります。

 

次に、即時に現金化できるということです。たとえば不動産で賃貸経営をしている場合、家賃による収益を上げることができるというメリットの反面、初期投資に大きなお金が掛かることもありますから、すぐに現金化するということは難しいです。

 

銀行などからその不動産を担保に融資を受けるという方法を採るなどするしかありません。

 

一方、賃貸経営をせずに土地をそのまま持っておけば、好きなときに売ることができて、すぐに現金にできます。これは賃貸経営で収益を得るか、身軽さを取るかというトレードオフの関係です。

 

こうした長所があるため、あえて土地をそのままにしておくという選択肢もあるわけです。

 

また、不動産売却はタイミングよく行えば、値上がりによる差益を得ることができます。高値を狙って売るということはなかなか難しいですが、上手く行けば大きな利益が発生します。

 

不動産は売ってしまえば、管理の手間やコストから逃れることができるということもあります。たとえば一軒家であれば屋根や外壁の修繕などが必要になりますし、アパートやマンションでも定期的なメンテナンスが必要です。

 

そのため、たとえば賃貸物件を所有していて管理の手間がかかるので、売却するという選択肢もあります。

 

ところで相続の際にも、不動産売却はメリットがあります。たとえばある不動産を複数の相続人が共有するということもできますが、これはトラブルのもとになることもあります。

 

それよりも売却して現金化して、そのお金を分けるという方が便利なことが多いです。お金であれば自由に使えますし、管理の手間も要らないからです。

 

それから、引っ越しをする際などにも不動産売却をすることになります。不動産を保有したまま、貸すという選択肢もありますが、前述のように現金化できないなどの問題がありますので、売ってしまう方が簡便です。

 

せっかく購入したマンションなどに騒音やご近所トラブルなどの問題があった場合にも、売ってしまえば新しい生活を始めることができます。

 

病気や解雇などの理由で残念ながらマイホームを手放さなくてはいけなくなったときも、任意売却という方法があります。これは競売のような強制的な手続きではありませんので、金融機関との交渉もできます。