不動産売却で高額査定を受けるためのコツ

不動産売却をするときは、値段や、現状のまま売却するか、改装をしてからにするかなどの売却の条件は売主が自分で決めます。

 

値段は自由に付けることができますが、その値段で買うという人が現れるまでは取引ができず、時には値下げが必要になる場合もあります。
値段を付けるにあたっては、不動産会社が無料で行っている不動産売却査定を利用すると便利です。

 

売却を依頼して、取引が成立すると仲介料を支払いますが、売却をするかどうかや、売却をする場合、どの不動産会社に媒介を依頼するかを査定の対応を通じて判断します。

 

売却の査定には、市場価値を知るためのものと、買取査定の二種類があります。
市場価値を知るための査定は、その値段で売れることを保証するものではありませんが、最近の近隣の取引事例を基に試算したものです。一方、買取査定はその不動産会社がいくらなら買い取るということを約束したもので、買い手が現れるまで待つ必要がないため、買い換えなど、資金の用途や必要な期限が決まっているときには便利ですが、価格はその分、市場価値よりは低めになる傾向があります。

 

市場価値の査定でも、買取査定でも、高額査定を受けるには、近隣の取引事例というデータだけでなく、売りたい物件ならではの魅力を伝えるのがコツです。

 

たとえば一軒家なのにエレベータがついている、駐車場が二台分あるとか、マンションならば共有施設の充実も高額査定のポイントになります。

 

物件の魅力を最大にアピールするのが高額査定のコツなら、自分がこの物件を買った時の販売資料はその魅力が詰め込まれています。

 

物件の登記簿や、マンションならば管理規約などの付属図書はもちろんですが、販売時に販売会社が作成している資料は、近隣の買い物施設や公園、交通機関など、生活の利便性を、写真入りで伝えているので、チラシやパンフレットは、売りたい物件の魅力を相手に伝えるのに最適です。

 

また、売却査定は、ネットで所在地や面積などの情報を登録するだけでも簡易査定ができますが、高額査定を受けるためと、査定を受けても、実際に見た人が査定した人と同じように魅力を感じてもらうため、現地査定を受けることは不可欠です。

 

メールなどの書類査定での対応を通じて、安心できる会社を見つけたら、現地での詳細な査定も受けるようにしましょう。

 

買取り査定の場合はその金額で取引ですが、売却査定の場合は査定がゴールではなく、そこがスタートです。自分でも気づいていない物件の魅力を不動産会社が教えてくれることもあります。

更新履歴